Uber Eatsスタートガイド!アカウント登録から配達開始までを徹底解説(特典あり)

Uber Eatsの配達をはじめるのは簡単です。

面接もないし、履歴書だって必要ありません。

18歳以上の健康や人であれば誰でも働くことができます。

※外国籍の場合、パスポートか在留カードが必要

しかも今なら、新型コロナの影響でパートナーセンターが閉鎖しているため、パートナー登録から配達開始まですべてWebで完結します。

本来は本登録のために各地域のパートナーセンターに出向く必要があるので、手軽にはじめるなら今がチャンスです。

登録から配達開始までにやることは5つだけ。

  1. Web登録をする
  2. 必要書類の承認完了メールを受け取る
  3. Uber Driverアプリをインストールする
  4. Amazonでウバッグを購入する
  5. 配達スタート

このページの通りに進めれば、最短でウーバーイーツの配達をスタートすることができます。

もし登録の仕方でわからないことがあれば、お問い合わせTwitterのDMからお気軽にご相談ください。

可能な限りサポートさせていただきます。

当サイト限定の特典

当サイトからUber Eatsに登録して配達をはじめた方には、以下の2つの特典をご用意しています。

A 2,000円のボーナス

B Zoomでのビデオチャット相談

特典をご希望の方は、AコースかBコースの好きな方を選んで申し込みフォームよりお申し込みください。

※ボーナスはアカウント作成後30日以内に初回配達が完了し、Uberにより条件が適用された場合にお支払いします。またUberからの紹介料の変更によって金額が変動する場合があります。

①Web登録をする

アカウントの作成

名前やメールアドレスを入力してアカウントを作成する

まずは下記のアカウント作成ページから配達用のアカウントを作ります。

» アカウント作成ページ

上のページにアクセスして、

  • メールアドレス
  • 名・姓(ローマ字)
  • 電話番号
  • パスワード
  • 都市
  • 紹介コード

を入力しましょう。

メールアドレス

報酬の支払い情報や各種のお知らせが届くので、普段使っているメールアドレスがオススメです。

あとはパスワードを忘れた際のリセットのメールもこのアドレス宛に届きます。

Gmail等でウーバー用に新しくメールアドレスを作ってもいいと思います。

※ウーバーイーツですでに注文したことのあるアカウント(メールアドレス)では登録できません

名・姓(ローマ字)

名前をローマ字で入力します。

たとえば山田太郎さんなら、

Taro Yamada

身分証でチェックされるので本名で登録しましょう。

電話番号

携帯電話の番号を登録します。

配達中にSMS認証を求められたり、ごくまれに注文者やUberのサポートから電話がかかってくることがあります。(基本的にはメッセージでやりとりしますが、配達中にトラブルがあった際の折り返しなど)

固定電話や050のIP電話等を登録するとSMS認証ができずに不便なこともあるので、特別な理由がない限り携帯電話番号がオススメです

パスワード

8文字以上の好きな英数字を入力します。※数字以外の文字が1文字以上必要

アプリやWebのマイページにログインするときに使うので、なるべく忘れにくく他人に推測されにくい英数字にしましょう。

万が一忘れてしまった場合、パスワードをリセットして再登録が必要になります。

都市

稼働予定の都市を登録します。

たとえばTokyo、Osaka、Fukuokaのように都市名を入力すると候補が表示されるので、近いものをひとつ選びましょう。(日本語で入力してもOK)

登録した都市以外でも配達はできますが、ブーストやクエストは登録都市での稼働のみが対象となります。

※都市はあとから変更も可能です

紹介コード

紹介者がいる場合に紹介コードを入力します。

※当サイトの特典を受ける場合には、紹介コード欄に「keiichin15ue」が入っていることをご確認ください。

すべて入力できたら「次へ」を押します。

必要書類のアップロード

アカウントができたら、登録に必要な書類をアップロードします。

利用したい車両を選ぶ

必要書類は登録する車両によって異なるので、利用したい車両を選択して、当てはまるものをご用意ください。

必要書類をアップロードします

自転車で登録する場合の必要書類

自転車で登録する場合に必要な書類は「身分証明書」と「プロフィール写真」です。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 小型船舶操縦免許証
  • 学生証と健康保険証(学生限定)

上記のいずれかを、スマホで撮影してアップロードします。

プロフィール写真

プロフィール写真は、スマホで自撮りしてアップロードします。

顔の全体が見える写真である必要があり、帽子やマスク、サングラスなどの着用はNGです。

原付(125㏄以下)で登録する場合の必要書類

原付バイク(125㏄以下)で登録する場合に必要な書類は「運転免許証」「プロフィール写真」「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書」「ナンバープレートの写真」です。

運転免許証

運転免許証を、スマホで撮影してアップロードします。

プロフィール写真

プロフィール写真は、スマホで自撮りしてアップロードします。

顔の全体が見える写真である必要があり、帽子やマスク、サングラスなどの着用はNGです。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書

スマホで撮影してアップロードします。自賠責保険の書類上の氏名と、アカウント登録した名前が一致しているかをチェックしましょう。

ナンバープレートの写真

スマホで撮影してアップロードします。自賠責保険に登録されているナンバーと一致しているかをチェックしましょう。

軽貨物、バイク(125cc超)で登録する場合の必要書類

軽貨物、バイク(125cc超)で登録する場合に必要な書類は「運転免許証」「プロフィール写真」「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書」「ナンバープレートの写真」「自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証」「任意保険または共済保険の証明書」です。

運転免許証

運転免許証をスマホで撮影してアップロードします。

プロフィール写真

プロフィール写真は、スマホで自撮りしてアップロードします。

顔の全体が見える写真である必要があり、帽子やマスク、サングラスなどの着用はNGです。

※配達をしていると定期的に写真の撮影を求められ、プロフィール写真と一致しないとオンラインにできなくなってしまいます。なるべく顔がはっきりとわかる写真を撮りましょう。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書

スマホで撮影してアップロードします。自賠責保険の書類上の氏名と、アカウント登録した名前が一致しているかをチェックしましょう。

ナンバープレートの写真

軽貨物や125㏄超のバイクで配達を行う場合、事業用のナンバープレートを取得する必要があります。

軽自動車は黒ナンバー、バイクは緑ナンバーを取得して、写真をアップロードしましょう。

※自家用車用の白ナンバーで配達を行うことはできません
※車検証または軽自動車届出済証に登録されているナンバーと異なる場合は登録できません

自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証

軽自動車と250㏄超のバイクは車検証、125㏄超250㏄以下のバイクは軽自動車届出済証の写真をアップロードします。

書類上の氏名と、アカウント登録した名前が一致しているかをチェックしましょう。

任意保険または共済保険の証明書

ナンバープレート情報が記載されている任意保険(または共済保険)の証明書の写真をアップロードします。

書類上の氏名と、アカウント登録した名前が一致しているかをチェックしましょう。

②必要書類の承認完了メールを受け取る

必要書類の承認完了メールを受け取ります

必要書類をアップロードしたら、書類が承認されるのを待ちましょう。

審査が完了すると承認完了メールが届きます。

写真が不鮮明だったりして承認されなかった場合にもメールが届くので、もう一度写真をアップロードしてください。

また承認完了メールには、「Amazonで購入する配達用バッグの郵送先情報をフォームに記入する」ように書かれている場合があります。

何のために記入させるのか詳細は不明ですが、必要に応じて住所を書いてフォームを送信してください。

書類の審査には何日くらいかかるの?
書類の審査には通常1~5日かかります。 写真が不鮮明、書類の有効期限切れ、アカウント名の不一致などがあると時間がかかるので注意しましょう。
Uberヘルプ

銀行口座を登録する

銀行口座を登録します

Web登録が済んだら、なるべく早い段階で下記のページにアクセスして、銀行口座を登録しておきましょう。

» https://drivers.uber.com/p3/banking/

※銀行口座を登録しなくても配達をすることはできますが、登録が完了するまで報酬は振り込まれません。

UberEatsの報酬は海外送金で入金されるので、登録できる銀行が限られています。

オススメは、三井住友銀行三菱UFJ銀行

※みずほ銀行の場合、送金のたびに確認の電話が掛かってきて入金までに時間がかかるようなのであまりオススメはしません。

※ゆうちょ銀行、ネット銀行、信用金庫の口座は基本的に使えません。※使える場合でも、振込手数料が高額になったり手続きが煩雑な場合が多いので、銀行ごとの条件をよく確認しましょう。

銀行口座の入力方法についてはUberの公式ブログでも解説されているので、もしわからなければ参考にしてください。

③Amazonでウバッグを購入する

アカウントが有効になったら、配達の必須アイテムであるウバッグを用意しましょう。

以前はデポジット(保証金)を預けてレンタルする形式でしたが、新型コロナの影響でパートナーセンターが閉鎖し、ウバッグのレンタルができなくなりました。

現在はAmazonから4,000円で購入できるようになっています。

※Amazonで直接「ウバッグ」と調べると、転売ヤーが高額販売しているウバッグばかり出てくるので注意してください。

Uber Eats Japan(旧Uber Portier Japan/UET Japan)が販売している正規品は下記のページのウバッグです。


↑新型ウバッグ


↑旧型ウバッグ

新型と旧型から選べますが、特別な理由がなければ新型のほうがオススメ。

たまにカラフルなウバッグを持っているドライバーも見かけますが、あれは海外仕様のアーティストバッグと呼ばれるウバッグです。

 

 

↑楽天市場などで販売されていますが、アーティストバッグはUber Eats Japanが公式に販売しているものではなく、業者が海外から仕入れて販売(転売)しています。

ウバッグ以外のバッグは配達に使えないの?
Uber Eatsのルール上はウバッグの使用は必須ではないため、ウバッグ以外のバッグで配達することもできます。

たとえばmenuやDiDiなど、Uber以外のフードデリバリーサービスの専用バッグで配達しているドライバーもいます。

ただしウバッグ(や類似のデリバリーバッグ)を使っていないドライバーはノーバッガーなどと呼ばれ、問題のある配達員とみなされてしまいます。

なかには100均の保冷バッグを使っていたり、バッグすら持たず自転車の前カゴに商品を入れて配達するようなノーバッガーも存在します。

ノーバッガーは加盟店や注文者からBAD評価を受けたり、最悪ウーバーへの通報によってアカウントが停止することもあるようです。

保冷力や収納力を考慮すればウバッグは非常に便利なアイテムなので、ぜひ忘れずに用意しましょう。

④Uber Driverアプリをインストールする

Uber Driver アプリをインストールします

Uber Eatsの配達には、Uber Driverというアプリを使います。

自分のAndroidやiPhoneでアプリをインストールして、Web登録したメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

» Android用アプリ(Google Playに飛びます)

» iPhone(iOS)用アプリ(App Storeに飛びます)

画面下に「アカウントの確認が必要です」「ご利用のアカウントについてはサポートにお問い合わせください」などと書かれている場合、アカウントが有効になっていない可能性が高いです。

承認完了メールが届いたのにアカウントが有効に鳴らない場合は、アプリのメッセージ機能を使ってサポートに連絡しましょう。

⑤配達スタート

アカウントが有効になって、ウバッグの準備ができたら、早速配達をはじめましょう。

ウーバーの配達って1回目のハードルが一番高いんです。

アプリの使い方や商品の受け取り方を教えてくれる人がいないので、勝手がわからないし緊張するんですよね。

ちなみに私は登録からはじめての配達まで1カ月以上かかってしまいました。

でも逆にいえば、1回配達してしまえば仕事の流れがわかるし、あとは数をこなせばすぐに慣れていきます。

ぜひどんどん配達をして、ウーバーイーツを楽しんでくださいね!